表千家のお免状 6.台天目(だいてんもく)

🙂 炉 重ね茶碗点前とその客の作法(下) 点前と客の作法 亭主は二碗目の茶碗を取り込み、お湯を入れてすすぎ お湯を建水に捨て、右手で勝手付に仮置する。

千利休の伝統を受け継ぐ表千家十四代家元 而妙斎 千宗左がお茶の心を語った『新装 茶の湯随想』待望の復刊!|株式会社主婦の友社 のプレスリリース

☣ けんどん蓋の扱いについても解説。 道具を飾り付けておく棚を用いたお点前に比べ、非常に侘びたお点前といえます。

10

【表千家】供茶のお点前|画像付き解説

✋ 茶道の面白さはここからまたぐんと広がって行くので、茶道をもっと楽しみたい!という人は、お免状を取っていくことをお勧めします。 これは、8年ほど茶道を習っていて私の感じていることですが、 お免状をとりたいなら、その意思をしっかり伝えてみて、そのあと自分で用意できそうにない金額だと感じたら 「お恥ずかしいのですが、今すぐに用意できないので、しばらく積み立て貯金してためてからお願いします」 と正直に伝えればいいと思います。 最初に茶道口より主菓子を運びます。

【表千家】供茶のお点前|画像付き解説

🤔 -------------------------------------------- お茶は、おいしいお茶で客をもてなすこと。

15

表千家のお免状 6.台天目(だいてんもく)

⚠ 社中によって違うので、これは先生にお尋ねするか、社中の一番弟子の方からうかがうかということになります。 (亭主が一礼するとき、客一同も礼をします。 私は茶道のすべてを見てみたいので、お免状はどんどん取りたいと思っていることを先生にお伝えしています。

12

表千家お点前動画, 【動画】表千家流の茶道講師が点ててみた【炉の薄茶点前

✊ そこで一礼します。 昭和四十二年十一月、大徳寺方谷浩明老師から而妙斎の斎号を受け、宗員を名乗る。 ぬがせた仕服は、釜の右横で畳の左右の空きの中央。

表千家の薄茶・風炉の運び手前1

🐾 たとえば茶碗の選び方についてはこのように書かれています。

4

表千家茶道のお免状の種類と金額

🤙 炭の数や組み方に決まりはない。 抱清棚を使った炉の薄茶点前を撮影しました。