SDGsの広報ガイド発行 「SDGsウォッシュ」に警鐘も

😋 なお本記事における批判、問題点1と2は主に斎藤幸平氏の著書『人新世の「資本論」』を参照している。 「エシカル」とは、人や社会、環境に配慮したうえでの消費行動やライフスタイルのこと指します。

8

SDGsウォッシュになってしまう企業目標やKGI/KPIの問題

⚑ たとえば、事業の内容に直接関係のない「グリーンなイメージ(自然の写真や、緑色の包装など)」を使う石油企業や、衣服の製造過程で通常よりも多くのCO2を出すにも関わらず、「天然」または「リサイクル素材」でつくられている、と良い面だけをアピールするファッションブランド、そして、海洋生物を守っているとアピールしながら、自社の東南アジア支社にいる従業員には低賃金で強制労働をさせるグローバル企業などが当てはまる。 SDGs達成に向かうミッションの価値とは、文章や図表の美しさにあるのではありません。

12

<No.30>SDGsやってるふり「SDGsウォッシュ」とは|SATOSHI YAMAMOTO|note

😩 「SDGs(エスディージーズ)」という言葉はビジネスパーソンの間で浸透してきた。 90年代にNGOからの批判を受け始めたグリーンウォッシュと同様に、実態以上にSDGsに取り組んでいるように見せかけることで、企業は「生活者との信頼関係の損失」「ESG投資先として魅力を毀損」する危険性があると指摘する。

3

日本で最も「SDGsウォッシュ」なのは?

🤑 つい最近では有名衣料品メーカーの社長がこのSDGsウォッシュにあたる行為をしていたことが発覚し、大きな社会問題となりました。

18

SDGsウォッシュ

🤔 デンマークでも、出産により昇給や昇進への壁が生じるのは女性 とはいえ、デンマークの女性はすべて万々歳、というわけではない。 そして 2000年7月、 UNGC(国連グローバルコンパクト)が発足します。

知らないと怖い「SDGsウォッシュ」、知ると素敵な「SDGsの価値観」 :中小企業診断士 岡本洋平 [マイベストプロ信州]

🖖 世の中のためと掲げながらも実態は押し売りであったり、社員を道具にしか思わない企業は今でも多くあります。

9